【TKB:東京腱引き師会】〜東京で腱引きを受けたい方のポータルサイト〜

【TKB】東京腱引き師会:東京で腱引きを受けたい・習いたい人のためのポータルサイト

topbnr.png

menu-home.pngmenu-home.pngmenu-kenbikitoha.pngmenu-kenbikitoha.pngmenu-TKBtoha.pngmenu-TKBtoha.pngmenu-houkoku.pngmenu-houkoku.pngmenu-Tdensyokai.pngmenu-Tdensyokai.pngmenu-Tdojo.pngmenu-Tdojo.png

HOME > 活動報告 > 第四木曜会vol.1

title-bar-katudou.png

第四木曜会 vol.1 レポート

■開催日時:2012年11月22日(木)13時30分〜
■開催場所:池袋(伊藤ビルアットビジネスセンター10F)
■テーマ :首の施術について
■講 師 :小口昭宣先生
■参加者 :腱引き師24名

121122-01.JPG

121122-02.JPG

121122-03.JPG

11月22日 第四木曜日、平日にも関わらず多くの腱引き師が集まり勉強会が開かれた。

腱引き師、総勢24名が集まり
いつもの伝承会とは違う和やかでいて緊張感のある勉強会になった。

小口先生の気合いも充分で、いつもの様に不思議なほどの偶然を引き寄せて勉強会を迎える事になる。
TKBから出された今回のテーマは『首』
腱引き師が気を使い慎重に引かなければいけないとても危険な箇所で、先生が蓄えた知識をどのように伝えていくのか?とても興味があった。

まずは現在、本部道場でお預かりしているお客様のブラックアウトの原因が脳脊椎液の偏りとの仮説からまさに今回のテーマ『首』に注目し、施術方法を検討する。
小口先生がフルサポートしお客様との信頼関係が出来ていなければ到底できない施術だろう。
骨格構造から可動域、筋肉群の構成からポイントとなる筋肉の特定、偏りを取り除く施術方法への落し込み、一つ一つ丁寧に検証し、腱引きの技として確立していく様は正に命がけの仕事なのだと思う。
ここまでできる腱引きの凄さを100年後、1000年後受け継ぎ伝えていきたい。

一端、座学を止めて休憩に入り、そしていよいよ実技となる。
小口先生が試行錯誤した技の伝授が始まり、実際に体験させていただいた。
手の置き方、角度、力の入れ方、抜き方、様々な伝授があり、早速、腱引き師達同士が試し合って、違いや疑問点などを話し合った。

こういった学びの場はなかなか機会がないと得られないものだ。
伝承会では腱引き師は教える立場でもあるので気軽に質問も出来ないからだ。
しかし経験のある施術師や静岡から浜本賢人もいらして頂き、近くで共に学べた事は知識以上の刺激となりきっと今後の糧となると思う。

内容の詳細は書けないが計4回の座学と技の伝承があり、多くの知識と経験を意識の高い腱引き師と共に学ぶ事が出来た。

首は特に危険であり、細心の注意を払い施術する事が求められる。しかし我々ならば自信を持って施術し結果を残していく事が出来るのではないかと思う。

最後にこの機会を頂き、小口先生、最後の荷物を引き取ってくれた浜本賢人、会場の手配や勉強会を開催していただいたTKBの皆様、本当に有り難うございました。
また参加させて頂きます。

(レポート:日本橋道場 渡邊 了輔)

121122-04.JPG

121122-05.JPG

121122-06.JPG

121122-07.JPG

121122-08.JPG

121122-09.jpg

受講されたご感想

〜「首の施術」「兜上げ」を受講されていかがでしたか?〜

早速使って、45年間動かなかった首(斜頸:しゃけい)を動かした。
全6回で完治。奇跡の施術!(Kさん)
tensen.png
とても勉強になりました。ずっと長く続けていただきたいと思います。
肩こりの方、慢性疲労、冷え性の方も喜んで居られました。
これからも“テーマを決めての勉強会”参加させてください。“膝”もお願いします。(Nさん)
tensen.png
実際に施術に活かしています。施術の幅が広がりました。まだ寝違いの方に試す機会はありません。
確実に筋を捉えたり、筋と筋の間に指が入っているという実感はつかめていません。特に首カックンは首側の手(指)の使い方が今ひとつわかっていない感じです。(Iさん)
tensen.png
その後何人かに首施術を行いましたが、
とても改善率が高く、有効な技だと思います。(Oさん)
tensen.png
実際に施術で首の技を使い最初は痛がりましたが、改善しています。
受講して、施術の方法が細かくわかり助かりました。(Tさん)
tensen.png
痛みがうつる方のための施術がわかり参考になりました。(Sさん)
tensen.png
大変勉強になりました。
座って出来るので、首のトラブルの人には使っています。
首の前側の施術はどうするのですか?(Iさん)
tensen.png
首=頸椎=神経/血管のかたまりという意識が強く、あまり施術してこなかった経緯がありました。
肩の施術の延長として、最近は施術しています。
肩が痛い方は、首や背中全体が悪い方が多いという気がしています。
出来るだけ主訴中心に施術し、主原因を見つけようとしています。(Sさん)
tensen.png
肩こりの方に首の施術を行わせていただきました。
軽くはなったとの事でしたが、まだ何か取り切れていない感じだったので剛引きを行いました。
首の骨格(アライメント)へのアプローチがあるのであればと感じています。(Sさん)
tensen.png
翌日から活用しました。兜上げは皆さん首回りがスッキリするようです。
ストレートネックにして、首を後ろに曲げてもらう施術はまだ手応えがありません。
首の腱が出やすくなるので、施術が短時間で終わらせることができます。(Tさん)
tensen.png
質の高い講義でした。
当日は良く理解できたつもりです。復習が(自己責任で)足りていないかな。
実際の施術には、家族に少しいかしています。
自分の肩こり、頭痛の時使っています。
首の運動で頸椎をいわゆる中心として回すと具合がよいです。(Mさん)
tensen.png
とても参考になりました。今までアプローチしていなかった部位に対しての効果的な施術を習得する事ができたと思います。
実際の施術では今まで診てきて改善してきたお客様で、もう一歩が残るので早速試してみたところ、あまり良い結果につながらなかった。
その後、もう一度吟味して施術した所効果がありました。
頸部のつまりが取れて流れが良くなるようです。(Yさん)
tensen.png

gakkai_sidebnr2.pnggakkai_sidebnr2.png